11月16日(水)トレーニング

ジュニアユース担当の直人コーチです。お試しも兼ねて投稿させてもらいます。

 

内容は16日に行った練習についてです。

 

まず始めに、選手たちにはリスペクトすることの重要性について話をしました。

 

サッカーに限らず、スポーツにおいては仲間がいなければ活動することはできません。だからこそ、仲間に対しては思いやりをもって接するべきだと思います。それ以外にも自分の両親・チームの運営に携わる人々・グラウンドを管理してくださる方々・・・たくさんの人々の思いや行動があるからこそプレーをすることが出来ます。

 

だからこそ、選手たちにはもう一度、リスペクトすること、感謝の気持ちを忘れないことを確認してもらいました。

 

トレーニングに関しては、正希コーチ主導で、いかにしてゴールを奪うか?をテーマに行いました。

現代サッカーではコンパクトに、アグレッシブにボールを奪う守備が定着しつつあります。それを打ち崩すために、人数をかけて多彩な、かつスピーディーな攻撃をすることをポイントに取り組みました。

 

素早くゴールに向かうには・・・ピッチを最大限に使い(幅と深さ)、スペースを有効活用すること。判断のスピードを上げること(そのためには受ける前の認知が必要!)。パスのスピードやパスの質など、これらを意識することが必要となります。

 

また、やみくもに早くゴールに向かえばいいという訳ではありません。いつ、どこから攻めるかを見極める必要があります。だからこそ、サッカーは判断力が特に大事となります。

 

今後も判断力・技術力・メンタル(あえて強調!)・フィジカルを磨いて、立派なサッカー選手(一人前の人間)を育てていたいと思っています。

 

ブログも今後は定期的に更新していければと思っていますので、こちらのほうも是非気にかけてみて下さい!

よろしくお願いします!

 

追記:新中学1年生の募集を兼ねた体験練習会を実施しております。興味のある子や知り合いがいる方はぜひ誘ってみてくださ   い(笑)ホームページから詳細の確認・申し込みもできます。ご協力・ご参加宜しくお願い致します。また、ジュニアの体験練習会も近々開催予定です!こちらも宜しくお願い致します。

 

土屋 直人